研究開発

アレクシオンの研究開発プログラムは、効果的な治療選択肢が少ない重篤な希少疾患を抱える患者さんの生活が一変するような極めて革新的な治療薬に焦点をあてています。アレクシオンの研究者と科学者は、このような治療の機会を享受されていない患者さんにとくに焦点を当て、医学界との密接な連携により重篤疾患の根本原因を解明し、画期的治療薬の候補を探索し、研究開発に努めております。

現在、アレクシオンの研究開発は、腎移植、神経系疾患、代謝性疾患に焦点を当てています。

 

海外の治験状況については こちら (英語のみ)

 

日本で実施中の治験

  • ギラン・バレー症候群(GBS)

 

ギラン・バレー症候群(GBS)の患者さんへ:治験への参加のご案内

この治験について

14週間、治験薬またはプラセボ(偽薬)の投与を受けて頂きます。その後、全ての患者さんは20週間の追跡調査を受けて頂きます。投与期間(4週間)は、GBSの状態に応じて入院または通院(合計5回)して頂きます。その後の追跡調査期間(20週間)は、合計7回通院して頂きます。治験薬投与期間中は、治験薬の費用並びに全ての検査・画像診断費用、その後の追跡調査期間は、GBSの症状や経過を確認するために治験で規定している検査費用を治験依頼者(アレクシオンファーマ合同会社)が負担します。また、通院の負担を軽減するため、予め治験実施施設にて定められた費用を来院毎に治験依頼者が負担いたします。費用の詳細は治験実施施設にお問い合わせください。

 

募集期間: 2021年7月~2022年1月

参加いただける方の条件

18歳以上の方

GBSと診断された方

GBSの症状発症前に走行可能であった方

•スクリーニング前2週間以内にGBSによる筋力低下が発症した方

•介助なしに5 m以上歩行不能な方(進行性のFG3、又はFG4FG 5

•免疫グロブリン(IVIg)投与中、今後IVIg投与を開始する予定の方

※この他にも様々な条件があります。

 

ご興味がある方、その他の詳細につきましては以下の連絡先までお問い合わせください。

コールセンター:電話 0120-726325

受付時間 9:00-17:00 (日・祝祭日・年末年始を除く)

※夜間及び⽇曜・祝⽇は留守番電話へお名前及びご連絡先を残していただけましたら翌営業⽇に折り返しご連絡いたします。

 

 ページにある情報は治験の参加にご関心のある方々を対象に、当社が国内で実施中かつ参加募集中の治験に対する情報提供を目的としたものであり、当社の医薬品や開発品の宣伝・広告を目的とするものではありません。実際の治験の参加については医師の判断が必要となります。また、患者さんご自身の疾病や症状についてのご質問は、医療関係者にご相談ください。

 

ページの先頭へ戻る