非典型溶血性尿毒症症候群 (aHUS)

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)は、きわめてまれな全身性の慢性遺伝子疾患で、補体制御異常による血栓性微小血管障害(TMA)による継続的なリスクを伴う致死性の疾患です1,2

aHUSの原因は遺伝的な補体制御因子の異常や自己抗体であり、その遺伝子変異や自己抗体によって持続性の補体の活性化が起こります3。健康人において補体は異物を排除する役割を担いますが、aHUS患者さんでは補体の活性化が制御できません。その結果、aHUS患者さんは生涯にわたり、継続的な血管内皮細胞の傷害を経て突発的かつ進行性の臓器障害が生じ、生命を脅かす合併症のリスクにさらされ、早期死亡に至ります。合併症は全身に生じる可能性があり、腎臓・心臓・脳など重要臓器に悪影響を及ぼすこともあります1,3,4,5

aHUSの診断が難しいのは、希少疾患であるために医師の多くがaHUS症例を診たことがなく、気がつかないことがあるためです。aHUSの最初の兆候および症状には、錯乱、腹痛、悪心、下痢などがあります。aHUSは小児のみならず成人にも発症します。aHUS患者さんの約50%が18歳未満で診断されています6。小児患者では、aHUSが原因で脳卒中、心臓発作、ひきつけ発作、高血圧が生じることもあります7。aHUSで高頻度にみられる兆候の1つは腎不全です。血漿交換または血漿輸注(PE/PI)を実施しても、aHUS患者さん全体の79%が診断から3年以内に死亡するか、腎臓透析を必要とする状態になるか、永続的な腎障害に至っています3。さらに、33%-40%がPE/PIを施行されているにもかかわらず、最初の徴候で死亡するか末期腎不全に至ります。

参考文献
1. Loirat C, Noris M, Fremeaux-Bacchi V. Complement and the atypical hemolytic uremic syndrome in children. Pediatr Nephrol. 2008;23:1957-1972.
2. Hosler GA, Cusumano AM, Hutchins GM. Thrombotic thrombocytopenic purpura and hemolytic uremic syndrome are distinct pathologic entities: a review of 56 autopsy cases. Arch Pathol Lab Med. 2003;127:834-839.
3. Noris M, Remuzzi G. Atypical hemolytic-uremic syndrome. N Engl J Med. 2009;361:1676-1687.
4. Caprioli J, Noris M, Brioschi S, et al; for the International Registry of Recurrent and Familial HUS/TTP. Genetics of HUS: the impact of MCP, CFH, and IF mutations on clinical presentation, response to treatment, and outcome. Blood. 2006;108:1267-1279.
5. Hirt-Minkowski P, Dickenmann M, Schifferli JA. Atypical hemolytic uremic syndrome: update on the complement system and what is new. Nephron Clin Pract. 2010;114:c219-c235.
6. Noris M, Caprioli J, Bresin E, et al. Relative role of genetic complement abnormalities in sporadic and familial aHUS and their impact on clinical phenotype. Clin J Am Soc Nephrol. 2010;5:1844-1859.
7. Neuhaus TJ, Calonder S, Leumann EP. Heterogeneity of atypical haemolytic uraemic syndromes. Arch Dis Child. 1997;76:518-521.