低ホスファターゼ症 (HPP)

低ホスファターゼ症(HPP)は、極めて稀な慢性および進行性の遺伝性代謝性疾患であり、消耗性のまたは生命を脅かす合併症を引き起こします1,2

HPPは、組織非特異型アルカリホスファターゼ(TNSALP)と呼ばれる酵素をコードする遺伝子の変異によりアルカリホスファターゼ(ALP)活性が低下・消失することで発症します1,2。ALPが正常に機能していると、骨の石灰化に重要な2つのミネラル-カルシウムとリン酸-が結合してハイドロキシアパタイトが形成され、骨石灰化を促進します1,2,3。しかしHPP患者さんでは、ALP活性の低下により、カルシウムとリン酸による石灰化が上手く進まず4、カルシウムとリン酸が体の他の部分に蓄積して、骨や臓器に障害を引き起こします4
 
HPPにおける遺伝子異常はあらゆる年齢層の患者さんに影響を及ぼし、生涯を通して深刻な結果をもたらす可能性があります1。多くのHPP患者さんは骨が弱い、あるいは軟らかいため、頻繁な骨折や骨格の変形がみられます1,5,6。こうした異常は小児の発育を妨げるほか、立つ、歩く、走る、ジャンプする、階段をのぼるといった日常活動を行う能力も低下させていく可能性があります7,8
 
周産期型および乳児型の患者さんには、重篤なHPP症状がみられる場合があります1。弊社で実施した自然経過観察試験では、生後6ヵ月以内にHPPを発症した乳児においては死亡率が高く、5歳時の全死亡率は73%と報告されています9。周産期型および乳児型のHPP患児の主な死亡原因は呼吸不全です1,10,11。青年期および成人期まで生存した患者さんの場合、長期的な合併症には、再発性および治癒しない骨折、重度の筋力低下、消耗性の痛み、ならびに車椅子、歩行器および杖などの歩行補助器具が必要とされる運動機能の障害などがあります1,7

HPPの症状は一般的な他の疾患の症状と類似しているため、見過ごされたり、診断が遅れたりする場合があります1,12。しかしながら、HPPは、詳細な臨床評価と血液検査によるALP値の低下で診断可能です1,13。早期にかつ正確にHPPの診断を受け、適切な治療を受けることが非常に重要です1, 13

HPPに関する参考サイト:

参考文献
1. Rockman-Greenberg C. Hypophosphatasia. Pediatr Endocrinol Rev. 2013; 10(suppl 2):380-388.
2. Whyte MP. Hypophosphatasia: nature’s window on alkaline phosphatase function in humans. In: Bilezikian JP, Raisz LG, Martin TJ, eds. Principles of Bone Biology. Vol 1. 3rd ed. San Diego, CA: Academic Press; 2008:1573-1598.
3. Whyte MP. Hypophosphatasia. In: Scriver CR, Beaudet AL, Sly WS, Valle D, eds. The Metabolic and Molecular Bases of Inherited Disease. Vol 4. 8th ed. New York, NY: McGraw-Hill; 2001:5313-5329.
4. Beck C, Morbach H, Stenzel M, Collmann H, Schneider P, Girschick HJ. Hypophosphatasia — recent advances in diagnosis and treatment. Open Bone J. 2009;1:8-15.
5. Whyte MP, Greenberg CR, Salman N, et al. Enzyme-replacement therapy in life-threatening hypophosphatasia. N Engl J Med. 2012; 366(10):904-913.
6. Fraser D. Hypophosphatasia. Am J Med. 1957;22(5):730-746.
7. Seshia SS, Derbyshire G, Haworth JC, Hoogstraten J. Myopathy with hypophosphatasia. Arch Dis Child. 1990; 65(1):130-131.
8. Data on file, Alexion Pharmaceuticals.
9. Whyte MP, Leung E, Wilcox W, et al. Hypophosphatasia: a retrospective natural history study of the severe perinatal and infantile forms. Poster presented at the 2014 Pediatric Academic Societies and Asian Society for Pediatric Research Joint Meeting, Vancouver, B.C., Canada, May 5, 2014. Abstract 752416.
10. Baumgartner-Sigl S, Haberlandt E, Mumm S, et al. Pyridoxine-responsive seizures as the first symptom of infantile
hypophosphatasia caused by two novel missense mutations (c.677T>C, p.M226T; c.1112C>T, p.T371I) of the tissue-nonspecific alkaline phosphatase gene. Bone. 2007; 40(6):1655-1661.
11. Whyte MP, Rockman-Greenberg C, Hofmann C, et al. Improved survival with asfotase alfa treatment in pediatric patients with hypophosphatasia at high risk of death. Poster presented at the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2014 Annual Meeting, Houston, September 14, 2014. Abstract 1097.
12. Mohn A, De Leonibus C, de Giorgis T, Mornet E, Chiarelli F. Hypophosphatasia in a child with widened anterior fontanelle: lessons learned from late diagnosis and incorrect treatment. Acta Paediatr. 2011;100(7):e43-e46.
13. Mornet E, Nunes ME. Hypophosphatasia. In: Pagon RA, Bird TD, Dolan CR, Stephen K, eds. GeneReviews. Seattle, WA: University of Washington, Seattle; 1993.