プレスリリース

2017年9月22日、第Ⅲ相非盲検継続試験の中間解析、難治性の全身型重症筋無力症患者さんに対するソリリス®(エクリズマブ)の持続的なベネフィットを示す

2017年8月29日、欧州委員会、難治性全身型重症筋無力症患者さんの治療に対するソリリス®(エクリズマブ)の適応拡大を承認

2017年6月30日、アレクシオンのソリリス®(エクリズマブ)、難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者さんの治療に対してEUにて医薬品委員会(CHMP)から肯定的見解を取得

2017年5月25日、ストレンジック®(アスホターゼ アルファ)の投与を受けた青少年および成人の低ホスファターゼ症(HPP)患者さんにおいて5年間にわたるベネフィットが長期データによって示される

2017年3月23日、抗補体モノクローナル抗体製剤「ソリリス®」難治性の全身型重症筋無力症に対する効能追加を承認申請

2017年3月16日、FDAがソリリス®(エクリズマブ)の難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者さんに対する生物製剤承認一部変更申請を受理

2017年3月13日、社長人事に関するお知らせ

2017年1月17日、アレクシオン、難治性全身型重症筋無力症(gMG)の治療薬としてソリリス®(エクリズマブ)を米国およびEUで承認申請

2016年12月12日、ASHで発表されたALXN1210用量漸増試験の最新データ 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)患者さんでLDHが急速かつ持続的に低下

2016年11月24日、AASLDで発表された新たな長期データ ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)患者さんにおいてカヌマ®(セベリパーゼ アルファ)による治療で肝線維症および肝硬変が減少

2016年11月10日、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)および非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)患者さんを対象としたALXN1210の治験を同時に開始

2016年10月18日、WCPGHAN 2016で発表された新たな長期データ 小児および成人のライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)患者さんにおいて、カヌマ®(セベリパーゼ アルファ)が肝障害および脂質異常の重要なマーカーを迅速かつ持続的に改善

2016年9月27日、希少疾患の全世界的な疾患啓発活動である「不屈の力(Uncommon Strength)キャンペーン」の日本語サイト開設

2016年7月15日、難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者さんに対するエクリズマブ(ソリリス®)の第Ⅲ相臨床試験(REGAIN 試験)における新たなデータがICNMD年次総会で発表

2016年6月21日、欧州血液学会(EHA)で発表された最新データ 第I/II相臨床試験でALXN1210の月1回投与による治療を受けた全てのPNH患者さんにおいて、LDHが急速かつ持続的に低下

2016年6月13日、難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者さんに対するエクリズマブ(ソリリス®)の第Ⅲ相臨床試験(REGAIN 試験)におけるトップライン結果を発表

2016年5月25日、ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)治療剤「カヌマ®点滴静注液20mg」新発売

2016年4月12日、ストレンジック®(アスホターゼ アルファ)の長期投与を受けた小児の低ホスファターゼ症(HPP)患者さんにおいて生存率、骨病変の治癒、呼吸補助、身体機能の持続的な改善が示される

2016年3月29日、ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)治療剤「カヌマ®点滴静注液20mg」の製造販売承認を取得

2015年12月25日、アレクシオン、投資家向け説明会開催、革新的な希少疾患ポートフォリオにハイライト

2015年12月18日、セベリパーゼ アルファが、ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)患者さんの治療薬としてFDAから承認を取得

2015年12月16日、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の深刻な特性とソリリス®(エクリズマブ)のベネフィットが実証される

2015年11月20日、非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)患者さんにおける血栓性微小血管障害(TMA)イベントのソリリス®(エクリズマブ)による再発抑制効果が裏付けられる

2015年10月30日、FDAが周産期・乳児期・若年期発症の低ホスファターゼ症(HPP)治療薬としてストレンジック®(アスホターゼ アルファ)を承認

2015年10月21日、ストレンジック®(アスホターゼ アルファ)投与を受けた小児の低ホスファターゼ症(HPP)患者さんにおいて骨石灰化と身体機能に有意な改善がみられ、少なくとも5年間持続

2015年9月16日、ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)の小児および成人におけるsebelipase alfaのピボタル第Ⅲ相試験結果がNEJMに掲載

2015年9月9日、ストレンジック®(アスホターゼ アルファ)が小児期発症低ホスファターゼ症(HPP)の治療薬として欧州委員会から製造販売承認を取得

2015年9月9日、Sebelipase alfaがあらゆる年齢のライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)患者さんの治療薬として欧州委員会から製造販売承認を取得

2015年8月31日、 低ホスファターゼ症治療剤「ストレンジック®皮下注」新発売

2015年7月6日、ストレンジック(アスホターゼ アルファ)が低ホスファターゼ症(HPP)治療薬として日本で世界初の製造販売承認を取得

2015年6月26日、ストレンジック™(アスホターゼアルファ)とKanuma™ (セベリパーゼアルファ)がCHMPからEUにおける承認勧告を取得

2015年5月6日、シナジーバ買収により、深刻な希少疾患患者の治療薬開発および商業化において、グローバルリーダーシップを前進

2014年12月10日、ソリリス(エクリズマブ)が重症筋無力症患者さんの治療に対し日本で希少疾病用医薬品指定を取得

2014年11月25日、ソリリス(エクリズマブ)が視神経脊髄炎患者さんの治療に対し日本で希少疾病用医薬品指定を取得

2014年10月16日、アレクシオン、低ホスファターゼ症患者の治療薬としてアスホターゼアルファの新薬承認申請を日本で提出

2014年9月8日、アスホターゼアルファが日本において希少疾病用医薬品指定を取得

グローバルウェブサイトのプレスリリースはこちらをご覧ください。