gMGにおけるソリリス

ソリリスは慢性の神経筋疾患である全身型重症筋無力症(gMG)患者さんにとって最初で唯一の補体阻害薬です。1

gMGについて

重症筋無力(MG)は慢性進行性の自己免疫性神経筋疾患で、年齢を問わず発症の可能性がありますが、40歳以前の女性と60歳以降の男性に最も多く発症します2-5。一般的に眼球やまぶたの動きをコントロールする眼筋の筋力低下から始まり、多くの場合重症化して頭部、頸部、体幹、四肢および呼吸筋の筋力低下など、gMGとして知られる全身型へと進行します5

gMGの患者さんは不明瞭な会話、息苦しさ、嚥下障害、複視や霧視、日常生活に支障を来すほどの疲労感、身動きに介助を要する状態、息切れ、そして呼吸不全を呈する可能性があります。合併症、増悪、筋無力症クリーゼが生じた場合、長期間の入院や集中治療室での治療が必要となり、生命を脅かす恐れもあります3,4,6。gMG患者さんの大半の症状は既存の治療法でコントロールできますが、10~15%の患者さんはMGに対するこれらの治療法では十分な効果が得られない、または忍容できない状態で、筋力の著しい低下と機能を制限するような深刻な症状に苦しみ続けています7-9

抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性のMG患者さんでは、神経と筋肉の間の刺激伝達に重要な役割を持つ受容体であるAChRに対する抗体が免疫系により産生されます3-4。抗体がAChRに結合すると、免疫系の一部である補体カスケードが活性化され、神経筋接合部が局所的に破壊されます10-12

gMGをソリリスで治療する

ソリリスは抗AChR抗体陽性のgMG患者さんに対する最初で唯一の治療薬として承認を受けています。gMGの治療薬としてのソリリスの安全性と有効性は、26週間の第III相無作為化二重盲検プラセボ対照多施設共同試験(REGAIN試験、N=125)において確立されています。

有効性の主要評価項目は、ソリリス群とプラセボ群でベースラインから26週までの重症筋無力症日常生活動作(MG-ADL)スケールの総スコアの変化の比較です。

国際共同試験およびそれに続く長期投与試験で報告頻度が高かった副作用(10%以上)は、頭痛、下痢および上気道感染です。



「ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の適正使用に関するお願い」:

こちらからご覧ください。

医療関係者の皆さま向けのソリリスに関する参考サイト:

参考文献
1. Soliris [package insert]. New Haven, CT: Alexion Pharmaceuticals Inc; 2017
2. Huda R, Tüzün E, Christadoss P. Targeting complement system to treat myasthenia gravis. Rev. Neurosci. 2014; 25(4): 575–583.
3. Howard JF, Barohn RJ, Cutter GR et al. A randomized, double-blind, placebo-controlled phase II study of eculizumab in patients with refractory generalized myasthenia gravis. Muscle Nerve. 2013;48(1):76-84.
4. National Institute of Neurological Disorders and Stroke. Myasthenia Gravis Fact Sheet. Publication date May 2017. http://www.ninds.nih.gov/disorders/myasthenia_gravis/detail_myasthenia_gravis.htm.
5. Meriggioli MN, Sanders DB. Autoimmune myasthenia gravis: emerging clinical and biological heterogeneity. Lancet Neurol. 2009;8(5):475-490.
6. Sathasivam S. Diagnosis and management of myasthenia gravis. Progress in Neurology and Psychiatry. January/February 2014.
7. Silvestri N, Wolfe G. Treatment-refractory myasthenia gravis. J. Clin Neuromuscul Dis. 2014;15(4):167-178.
8. Howard J. Targeting the Complement System in Refractory Myasthenia Gravis. Supplement to Neurology Reviews. February 2016.
9. Sanders DB, Wolfe, GI, Benatar M, et al. International consensus guidance for management of myasthenia gravis: Executive summary. Neurology. 2016;87(4):419-25.
10. Conti-Fine, et al. Myasthenia gravis: past, present, and future. J Clin Invest. 2006; 116:2843-2354.
11. Tüzün E, Huda R, Christadoss P. Complement and cytokine based therapeutic strategies in myasthenia gravis. J Autoimmun. 2011;37(2):136-143.
12. Meriggioli MN, Sanders DB. Muscle autoantibodies in myasthenia gravis: beyond diagnosis? Expert Rev. Clin. Immunol. 2012;8(5), 427-428.