• ホーム
  • »
  • アレクシオンについて

アレクシオンファーマについて

アレクシオンは、生命を脅かす重篤な超希少疾患を抱える患者さんの生活を一変させるような治療薬を開発し提供することを使命としたグローバルバイオ製薬企業です。深刻な希少疾患を抱える患者さんには往々にして効果的な治療選択肢がきわめて限られているか、あるいは無く、患者さんもそのご家族も希望をもつことができない状況にあります。私達の目標は、手が行き届いていない分野に大きな医学的進歩をもたらすことです。私達が目標へ向かって邁進する理由にはいまだ満たされていない大きなメディカルニーズがあり、患者さんの生活が私達の日々の活動にかかっていることを知っているからです。

アレクシオンは補体阻害の分野でのグローバルリーダーです。生命を脅かす重篤な超希少疾患である発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)と非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)に対する世界最初で唯一の承認薬として終末補体阻害剤ソリリス®(一般名:エクリズマブ)を開発し、販売しています。現在、ソリリスはPNH治療の適応で約50カ国、aHUS治療の適応では約40カ国で承認されています。

また、代謝性フランチャイズとして、生命を脅かす超希少疾患である低ホスファターゼ症(HPP)の患者さんに対する非常に革新的な酵素補充療法、ストレンジック®(一般名:アスホターゼ アルファ)を販売しています。ストレンジックは日本、米国、欧州およびカナダで承認を取得しています。

アレクシオンの業績は世界的に認められています。ソリリスという医学的発見に対し、プリ・ガリアン賞を米国(2008年 Best Biotechnology Product)とフランス(2009年 Best Drug for a Rare Disease)で受賞しました。フォーブス誌のWorld’s Most Innovative Companies(世界でもっとも革新的な企業)では2012年以来、毎年上位に選出されています。

アレクシオンは1992年に設立され、現在、世界約50カ国において生命を脅かす重篤な希少疾患を抱える患者さんのために日々尽力しています。 当社の会社沿革に関しては、こちらをご覧ください。 (英語のみ)

グローバルのアレクシオンに関する詳細は、こちらをご覧ください。 www.alexion.com (英語のみ)